×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

埋没毛 原因

埋没毛ができる原因は・・・

皮膚に埋まって出てこなくなってしまった、埋没毛(埋もれ毛)。

 

なぜできてしまうのでしょうか??主にふたつの原因があります。

 

 

毛を抜くことによる毛穴の傷み
逆ぞりによる皮膚の傷み

 

穴や皮膚が傷つくことで、それを治すために皮膚が癒着します。
切り傷や擦り傷が治るときの過程と同じです。

 

皮膚がくっつくことによって、毛穴がふさがれてしまい、
毛が埋まってしまうのです。

 

 

毛を抜くと、かなり無理な力が加わって、毛穴への負担がかなり大きいのです。
また、抜く途中で切れた毛も、皮膚を刺激します。

 

かみそり処理では、肌に見えない無数の傷がついてしまっています。
さらに逆ぞりとなると、さらに傷がつきやすくなります。

 

 

 

みそり処理をしていると、段々と毛がチクチクしてくることもあって
毛抜きを使ったり逆ぞりをしないときれいに脱毛できないですよね。

 

 

でも!だからといってお肌に負担がかかる自己処理を続けていると
後で痛い目みます。(←経験者は語る)

 

毛抜き・逆ぞりは絶対NGです(`Д´)

正しいシェービングの方法

 

正しいシェービングでお肌への負担をへらしましょう。

埋没毛の予防にもなります。

できてしまった埋没毛には

 

すでにできてしまった埋没毛ケアはどうすればいい?

管理人オススメの埋没毛ケアを紹介しています。